Mom

肌荒れにも汗管腫にも…ハトムギで肌荒れが目立たなくなりました^^

こんにちは^^

9月も中旬となり、
たいぶ涼しくなってきましたね。

コロナ以降、
マスクが当たり前の生活となりましたが、
真夏の中でのマスク着用は、
なかなか辛いものでした。汗

保育園の送迎時や
仕事中につけていると、
顔周りにじんわり汗をかき、

(生理前やストレスでたまにできていた、)
プツプツが定常的に出来ていることが
私にとって、大きなストレスに…泣


※画像拝借です。

しかも、
いつもなら多めに寝たり、
ケアを念入りにすると、
比較的数日で消失していたのですが、
もう常時できている状態…泣

プツプツは、
化粧をしても、
凹凸が出てしまうので、
隠しきれないですし、

そもそもマスクなのに、
ファンデーションを塗るのも嫌…><。

しかし、
鏡で顔を見ると
「は~。。」と、
ため息がでるくらい
プツプツも目立ち、
皮膚科で診断してもらうことに。

そこで、
ニキビや吹き出物とは異なる、
陽性の腫瘍…【汗管腫】
であることを初めて知りました。

汗管腫とは…

以下、引用
******
汗管腫は、
汗を分泌する器官のひとつである
エクリン汗腺のもととなる汗管が、
真皮内で増殖することで発生する病気です。

肌内部で腫瘍が増殖するため、
その部分の皮膚の表面は1〜3mm程度盛り上がり、
これが肌のブツブツとしてあらわれます。

痛みやかゆみはありません。


※画像拝借です。

症状は目の周りに現れることが多く、
特に下眼瞼(目のすぐ下の部位)が
一番あらわれる部位です。
(↑私はまさにこれです。)

次に上眼瞼(上まぶた)、
額の順番であらわれる傾向にあります。

顔の目立つ部分に好発するため、
治療を検討される方も多く存在します。

汗管腫は、はっきりとした原因が解明させていません。

ですが、
下記が原因ではないかと考えられています。

ひとつは、
加齢が関係しているのではないか
ということです。

30歳ぐらいから発症し、
年齢を重ねる毎に
目立ってくるケースが多い
ため、
もともとあった汗管が
育ってきたのではないかと考えられます。

もうひとつは、
遺伝的な要素が関係しているのではないか
と考えられています。
******

原因が分からない、
そして、治ることはないという、
ショックな汗管腫…><。

皮膚科の先生曰く、
「このコロナ禍によるマスクの常時着用で、
肌荒れが起きている可能性が高い」

「特に夏にひどくなりやすいので、
涼しくなるにつれて落ち着く可能性もある」

と、漢方を飲みながら、
経過観察となったのですが、

色々と自分で調べ、
実際、使用して効果を実感できたものが、
薬局でも売っている【ハトムギ化粧水】…!

・たっぷり化粧水をつけたり、
・軽くつけて、その後、
この化粧水で10分前後パックしたり。

また、同じブランドの
・コンディショニングジェルを
就寝前につけるように。

すると、徐々に、
腫瘍の膨らみや数が減ってきました…!

肌も白さが出てきているように感じています◎

※ただし、恐らくですが、
汗管腫については、
治っているわけではなく、
目立たなくなっている認識です。

(それでも治療となると、
保険適用外で何十万もかかるため、
目立たなくなる生活習慣を続けたいと思います!(笑)

ちなみに先日、
大好きなモデルの美香さんも、
同じハトムギ化粧水を
インスタでおすすめしていました♪



それと皮膚科で
処方してもらった漢方…

ツムラの【桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)】
というものなのですが、

この“ヨクイニン”というのが、
どうやら、ハトムギ(ハトムギ成分?)らしいです。

薬剤師の友人にも話したところ、
「肌荒れ時には、
ハトムギってとても効果的で、
肌荒れ時などに、よく処方されるよ~!」

とのことでした^^

ハトムギの良さを初めて身をもって実感(笑)。

ハトムギ茶や雑穀米なんかでも、
手軽にハトムギ取れますよね♪

積極的に日常でハトムギをとりいれようと思いました^^

今までだいぶテキトーに
体もお肌もケアしていて、
それほど影響が出ていませんでしたが…汗、
ここになって、体のむくみや疲れ、
肌荒れが目に見えて感じるようになりました。

もうアラフォーも見えてきましたし、
しっかり自分の体やお肌を見つめて、
大事にケアしないとなぁと思った次第です。

それでは^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください