Mom

我が家では、納戸に本棚を設置しています📚

こんにちは!

気づけば11月もあと2日…
あっという間に時間が過ぎていきます。。(笑)

12月は仕事にプライベートにちょっとバタバタの予感。
健康管理をしっかりして臨みたいものです!

さてさて!

先日、本を60冊断捨離したお話を書きましたが、
(記事はこちら
我が家の本棚は意外な場所…

リビングにある、【納戸】に設置しています…!

キッチン横にあります。
恥ずかしい状態ですが汗。お米の置き場所を模索中です。。
開けて左側が本棚です。

以前の住居から引っ越してきた際…
(かれこれ3年以上前になりますが、)
本棚をどこに置こうかという話になりました。

前回も書いたように、
我が家には大量の本があり、それが本棚に入り切っていない状況。
(横積みになっていたり、最上段と天井の間も利用してしまうほど。。。汗)

もちろんサイズの大きい本棚を購入して、
ゆとりを持った収納もできるのでしょうが、

背表紙はカラフル。
サイズもバラバラ、
ごつい(笑)?本もたくさんなので、
あまり一目につく場所には置きたくない。

そして出来ることなら、
重いものは一度設置してしまったら、
恐らくなかなか変更する気にならないので、
スペースを過度にとりたくない。

という思いがありました。

その結果、
納戸に収納できないか?という話に発展しました(笑)

そして、以前から使用している本棚のまま、
なんとか納戸に設置することができました!!
(数ミリでも幅が広かったら、収まらなかったようです(笑))

この納戸に本棚。
メリットが色々とあります!!

➀色の散乱が防げる
これが一番のメリット。

ご覧の通り、我が家の本棚は雑多になっています。
(これでもまだ断捨離して少しマシになりました汗)

これがそのままリビングにあったら、
色が散乱して、
だいぶカラフルなっていたかと思います。

もちろん、リビングに本棚を置いたら、
整理・収納を必死に行うかもしれませんが、
なかなか手間がかかる整理ですし、
本については、主人の本の割合が圧倒的に多い。

そして、
その主人の分については、
私が手が出せない部分も多くあるため、
私の意思で片づけができない可能性が高いため、

納戸に隠せて本当によかったと思っています。

➁すぐに本を探しに行ける
リビングの納戸なので、
ふと気になったり、読みたくなったときに
ささっと探せる手軽さが気に入っています♪

➂ドアを開けた瞬間、雑多な様子が見えない(笑)
納戸の左側にスポッと本棚が収まってくれているので、
納戸を開けた瞬間の圧迫感はそれほどありません◎
(また湿気なども今のところ、気になったことはありません。)

ちなみに納戸左側にも棚を設置しており、

来客用の布団、

両親が遠方なので、上京した際には定期的に使用しています。見た目はご愛敬^^;

息子グッズ+紙袋のストック、

月末には定期便で届くおむつを2、3袋収納。

災害時などのストック食品、

そして最下段には季節家電などを収納しています。

まだまだ改善の余地ありまくりの、
我が家の納戸ですが、参考になったら幸いです^^

★本棚はIKEA billyというシリーズのものです。
かなりの本が収納しつつ既に5、6年以上使っていますが、
今のところ、壊れることもなく使えています^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください